【お金の勉強】元散財看護師が「NISA」と「新NISA」を徹底解説!

SNSフォローボタン
ハリナスをフォローする
お金が貯まる暮らし
記事内に広告が含まれています。

おはこんにちは!ハリナスです!

突然ですがNISA制度活用していますか?NISA制度は国が推奨するお得な制度です。私もNISA制度で2年以上資産運用しています。

聞いたことあるけどよく分からない・・・

なんだか難しそう・・・

看護師でもできるのかな?

どうやって使うの?

と悩んでいる方はいませんか?今回は、資産運用(株式投資)の基本であるNISA制度をFP資格をもつ私が徹底解説します。NISA制度を使って夜勤卒業やFIREを目指しましょう!

結論、看護師こそNISAを活用するべきです!

この記事で分かること
  • NISAの特徴
  • 新NISAの特徴
  • NISAのよくある間違い
  • NISAの使い方・おすすめ証券会社
ハリナス

・FP×ICUナース👛×💉

・貯金ゼロ・お金の知識ゼロの元散財看護師

・看護師の「ちょっと良い生活」を応援するブログを発信!

・さよなら“節約“だけの生活👋

〜保有資格〜
・看護師・保健師・第一種衛生管理者・FP3級

コメント頂けるとブログ更新の糧になります!
 

ハリナスをフォローする

NISAって?

まず、NISAの基本から解説します。「NISA」は「少額投資非課税制度」の略称であり、が推奨する制度です。

投資の利益には税金がかかりますが、NISA制度を利用することで、利益にかかる税金が非課税になります。

ABcashではプレゼントキャンペーン開催中!

「NISA」を使わないとどうなるの?

株式投資では利益が発生すると利益に対し、20,315%の税金が徴収されます。

例:投資による利益が50000円あった場合

50000円×20,315%=10157円

10157円が税負担分として徴収され、残った39843円が受け取れる。

NISA制度を活用しなければ、5万円の利益は丸々もらうことはできず、約1万円の税負担をしなければなりません。せっかくリスクをとったので、この1万円も受け取りたいですよね。

NISA制度を使ってみた!

NISA制度を利用したつみたてNISAの実績はコチラ!

赤字の部分が利益になります。NISAを利用せず、売却すると約4万円の税負担となります。しかし、NISA(積立NISA)で運用しているため非課税!

非課税口座「つみたてNISA分」の運用額のみ公開しています。

NISA制度の分類と特徴

NISA制度は2つあり、どちらか1つを選択する必要があります。

一般NISA・つみたてNISAの最大の違いは「年間投資額」と「非課税期間」の2つです。他にも細かい違いはありますが、大きな違いを解説します。

出典:金融庁

一般NISA

一般NISAの特徴です。

・非課税期間:5年間

・年間120万円までの投資にかかる利益が非課税

・つみたてNISAとの併用ができない

つみたてNISA

つみたてNISAの特徴です。

・非課税期間:20年間

・年間40万円までの投資にかかる利益が非課税

・一般NISAとの併用ができない

・長期の分散・積立に適した投資信託とETFへ投資可能

大きな違いは「年間投資額」と「非課税期間」です。そして、どちらか1つしか選択できませんが、利益にかかる税金が非課税となります。

2024年から制度が強化!

実は、2024年1月よりNISA制度の改正が行われます。

出典:金融庁

新NISAの特徴

2024から開始する「新NISA」の特徴を解説します。

新NISAの特徴も「年間投資額」と「非課税期間」です。

・非課税期間:無期限

・積立枠:年間120万円までの投資にかかる利益が非課税

 成長枠:年間240万円までの投資にかかる利益が非課税

・積立枠と成長枠の併用ができる(合計1800万円まで非課税)

・長期の分散・積立に適した投資信託とETFへ投資可能

新NISA制度は、一般NISAとつみたてNISAの良い所取りをした神制度へ生まれ変わります。

投資可能商品も、長期の分散・積立に適した銘柄に厳選されています。

新NISAデビューするなら事前のトレーニングがオススメです!

よくある間違い

NISA制度を使う際のよくある間違いを解説します。

NISAを「買えば良い」と思っている

悩むナース
悩むナース

投資を始めるんだけど、「NISA」を買えば良いんだよね!

ハリナス
ハリナス

「NISA」は制度の名前。

NISAで投資信託などを買うんだよ!

このようにNISAを正しく理解していない場合があります。

NISAは制度名であり買うものではありません。正しくは、「NISAをつかって投資信託等を買う!」です。

NISAなら儲かる

「NISAなら儲かるんでしょ?」と勘違いされる方がいます。しかし、NISAはお得な制度ではありますが、「絶対儲かる」という確信はありません。投資商品を購入するためリスクが必ずあります。

しかし、「負けない投資」をすることで利益につながる可能性が高まります。

新NISAでも「負けない投資知識」を身につけましょう。

NISAは看護師でも利用できる?

NISAは看護師でも利用できます。

18歳以上であればNISA制度を利用できます。職業等により規制されることはないため、看護師でも利用することが可能です。

NISA制度はどうやって使うの?

NISA制度は、証券口座を開設し投資商品を購入すると利用できます。

オススメ証券会社

証券口座は「楽天証券」か「SBI証券」がオススメ。

どちらの証券会社も新NISAに対応します。

どちらの証券会社も口座数開設数1000万口座を超えており大手証券会社のためお好みで大丈夫です!

楽天証券

私は「楽天証券」で運用しています。

・投資信託を「楽天カード」で購入できる

・つみたNISA(投資信託)購入で楽天ポイントが貯まる・使える

・ポイント投資は「リスクゼロ」

・初心者にとって使いやすい・見やすい・操作しやすい

普段から楽天市場・楽天カード、楽天モバイル等、楽天サービスを利用する方にオススメ。

楽天内・外でポイント貯まる!【楽天カード】はコチラ!

SBI証券

・投資信託を「三井住友カード」で購入できる

・貰えるポイントが選べる(Tポイント・Vポイント・Pontaポイント等)

・ポイント投資は「リスクゼロ」

・三井住友カード決済ではポイント最大5%付与されます。(楽天証券は最大1%)

ポイント還元重視の方にオススメ。

まとめ

いかがだったでしょうか?

NISA制度は投資利益に掛かる税金が非課税になるお得制度です。NISA制度改正は喜ばしいことですが、その反面「老後資金は自分たちで老後資金つくってね」と国からのメッセージなのかもしれません。お得な制度は活用し個人資産増やして行きましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました